2015年7月15日水曜日

収納ケースを選ぶ基準

上記のようなタイプの収納ケースを選ぶ時に
私には選ぶ基準がいくつかあると思ったので
記述してみようと思います。
参考になるようでしたら幸いです(^ワ^)




【収納ケースを選ぶ基準】

① 置きたい場所に収まること
置きたい場所に収まらないと購入しても意味がないので
必ず採寸します。

押入れ用って書いてあるから入るよね♪と思って
収納ケースを購入するのは危険です。

押入れには・・・
江戸間や京間や中京間、団地サイズなど
実は間取りは色々あるので気を付けてます。





②複数必要な時でも極力個別購入する
上記のように3段収納が欲しいとなると
3段セットのモノを購入してもいいのですが、
私は極力1段ずつのモノを個別購入します。

理由は例えば3段のモノを2段にしたり4段にしたりと
ライフスタイルの変化に適応しやすいので
ちょっと割高にはなりますが、
先のことを含めると1段ずつのケースを
個別購入する方がお得だと思うからです。





③縦長と横長の収納ケースに迷った時は・・・
これはどちらも収まりが可能な時の基準ですが
メリットとデメリットを考えます。
横長ケースは引き出すアクションが短いので
出し入れが縦長よりラクです。

縦長はアクションが長いので横長より引き出しは大変ですが、
押入れなどの収納の場合は納まる容量が多くなります。

どちらも考慮してから暮らしやすい方に決めます。





④引き出しの高さを用途で検討する
深い方がたくさん収まる!と思われがちなんですが、
これは何を入れるかによって変わってきます。
衣類とかだと20cm以上は深過ぎて逆に収めにくいです。

個人的には内寸13cm~17cmくらいの高さが
トップスなどは収めやすいように思います。
下着類だと、もう少し浅くてもいいくらいです。

何を収めるかによって高さは割と重要なので気をつけてます。





以上4つがまず選ぶ基準にしていることです。
たかが収納ケースですがされど収納ケース☆

自分のライフスタイルに合った
収納ケースが置けると
本当に暮らしやすくなるので
じっくり吟味することをオススメします♪


整理収納サービス案内は【こちら】から